7.4と7.23東京・奈良裕之×ボブ・サム「神話で辿る聖なる旅路」

神話で辿る聖なる旅路
「天鹿・渡鴉(ししかみ・ワタリガラス)巡礼」
奈良裕之×ボブ・サム

 ボブ・サムさんを皆で日本に招いて、日本各地をめぐる旅が始まろうとしています。その初日と最終日、東京で奈良裕之さんとボブ・サムさんによる音と語り、そして映像の会を開催します。

 今回は緊急告知!その早売券(6月9日まで)発売開始のお知らせです。早売券の収益はボブさんの来日を前に進めるための資金として大切に使われます。ぜひご支援ください!

FB用写真00000002

◎旅の初日:2019年7月4日(木)

【午後の部】
2:30 開場
3:00-4:40 映画『天鹿乃路-ししかみのみち』
4:55-5:50 語りの会 語り:ボブ・サム+音:奈良裕之

【夜間の部】
6:30 開場 
7:00-8:20 映画『ともしびの巡礼』
8:35-9:30 語りの会 語り:ボブ・サム+音:奈良裕之

■会場:シネマハウス大塚 東京都豊島区巣鴨4-7-4-101

■会費:(各部、限定50人まで)
・前売券7500円
前売券はこちらで購入いただけます。
・当日券8000円

◎旅の楽日:2019年7月23日(火)

6:00 開場(午後)
6:30-7:30 夕食事会
7:30-9:00
・奈良裕之ライブ
・語りの会 語り:ボブ・サム+音:奈良裕之
・等々

■会場:Agréable musée アグレアブル・ミュゼ 東京都国分寺市光町1-42-8

■会費:(限定36人まで)
・前売券 9500円 
前売券はこちらでご購入いただけます。
・当日券10000円

==================
■出演者プロフィール
==================

Bob Sam

Bob Sam

ボブ・サム / BOB SAM

アラスカ先住民クリンギット族長老。 墓守、ストーリーテラー。

30代前半に、住宅開発のために掘り返された祖先の墓地を目の当たりにし、開発計画を中止させ、散乱した遺体や遺骨の再埋葬、墓地の復興を一人で始める。それ以来25年以上にわたり、祖先の墓地・聖地の保護と修復の活動を続け、10万基以上の墓を修復、再埋葬した遺体は500体以上になる。また、各地に持ち去られた祖先の遺品、遺体や遺骨を家族のもとに戻す返還運動(リペイトリエーション)においても中心的役割を担う。これらの活動から、長老たちに神話の語り手として選ばれ、20年以上にわたり世界各地でストーリーテリングを行う。

ドッグ・サーモンの氏族、およびアラスカ南東部のジュノー周辺地域(オーク地域)のリーダーでもある。アラスカの自然写真家 故・星野道夫氏と親交が深く、その出逢いは『森と氷河と鯨』(星野道夫著/世界文化社)などにも描かれている。97年には映画『地球交響曲(ガイアシンフォニー)第三番』に出演、以来日本各地で神話を語り続けている。

著書:『かぜがおうちをみつけるまで』 (谷川俊太郎訳/スイッチ・パブリッシング)

Yuji Nara

Yuji Nara

奈良 裕之 / YUJI NARA

94年より世界の民族楽器による即興演奏を始める。ライフワークとして、多くの福祉施設・教育施設・病院などで演奏し、人々と深く交流している。舞踏・詩・絵画・写真などとのコラボレーションや、アイヌ詩曲舞踊団「モシリ」との共演にて、日本列島スピリットツアーや、インドネシアで演奏。海外では、アメリカ・韓国・タイ・オーストラリアなどで、公演をしている。

ドキュメンタリー映画『地球交響曲(ガイアシンフォニー)第六番』虚空の音の章に出演。一般公演の他、日本各地や海外においても、神社、寺院、遺跡、教会、聖地などで奉納演奏を数多く行う。

人の奥深くに眠る本質に伝え響く音楽として、ワークショップ(サイレント・セッション)、瞑想やヒーリングとのコラボレーションも行う。また音楽活動の他、写真や書の個展も開いている。

2018年奈良裕之ドキュメンタリー映画『天鹿乃路~ししかみのみち』が完成。日本各地での上映が続いている。